特殊形状アルミナフィラー「CeramNex (セラネクス)」

樹脂材料の熱伝導性向上、剛性アップによるチューブの薄肉化等に

メーカー名:DIC株式会社

「CeramNex(セラネクス)™」は、独自の無機酸化物合成技術を用いて特徴的な形に形成、制御したアルミナフィラーです。

板状や多面体、カードハウス状といったユニークな形状の製品を展開しています。

 

これらのアルミナフィラーは高い結晶性を有しており、用途に合った形状を選択しマトリックスに添加することで、熱伝導率や剛性、耐摩耗性などの向上が期待できます。

CeramNexの用途

CeramNexは、アルミナの特性とそのユニークな形状から、様々な用途への展開が期待されています。

  • 樹脂コンパウンド、シート、グリース(熱伝導性
  • フィルムやチューブの薄肉化(補強性バリア性
  • コーティングや潤滑剤(耐摩耗性耐熱性

CeramNexの製品ラインナップ

板状アルミナ

厚さと粒径がそろったミクロンサイズの板状粒子
独自合成技術により量産に成功

多面体アルミナ

従来にはない25μm以上の大粒径、14面体構造
粒子同士の面接触が可能、効率的に熱伝導パスの形成

カードハウスアルミナ

板状アルミナが相互に結合し、内部に空隙を有する
合成段階で結合させることで高い圧壊強度を示す

CeramNexの活用事例

①熱伝導性コンパウンド
(板状アルミナ添加)
  • 平面方向の熱伝導率向上
  • 機械強度向上
  • 球状フィラー併用で厚み方向の熱伝導率向上
②樹脂シート
(多面体アルミナ添加)
  • フィラー面接触による太い熱伝導パス形成
  • 高熱伝導率

 

③チューブ
(板状アルミナ添加)
  • 機械強度向上
  • 耐圧性向上
  • 薄肉化
  • バリア性向上

*本ページ記載の特性値は代表値であり、保証値ではありません。

セラネクス-アルミナ カタログ-【Ver1】ウエストワン