KyronMAX(カイロンマックス)

射出成形用 超高強度・炭素繊維強化プラスチック

KyronMAXTM(カイロンマックス)は熱可塑性樹脂と炭素繊維を複合化した射出成形用のコンパウンド樹脂です。ペレット形状で販売しています。

KyronMAXTMの特徴

KyronMAXTMは炭素繊維強化コンパウンドですが、特殊なコンパウンド技術を採用することにより、従来の射出成形用プラスチックよりも高強度・高弾性率を発現しています。
具体的には、一般的なガラス繊維強化樹脂と比べて70%以上高い強度一般的な炭素繊維強化樹脂と比べて30%以上高い強度となっています(引張強度で比較)。

従来のガラス繊維/炭素繊維強化プラスチックとの物性比較

一般的なガラス繊維強化プラスチックや炭素繊維強化プラスチックと物性を比較した一例を記載します。

異なるベース樹脂ごとに、引張強度を比較した例です。
それぞれ、緑がガラス繊維30%、オレンジが炭素繊維30%、青がKyronMAXの炭素繊維30%を添加した際の引張強度です。

KyronMAXTMでは樹脂とベース繊維の密着性を非常に高くすることで、従来の炭素繊維強化コンパウンド樹脂よりも高い機械特性を実現しています。

金属代替・軽量化

カイロンマックスボルトナットKyron MAXTMはその非常に高い機械特性を活かして、従来の樹脂材料では困難であった金属代替用途に展開されています。
アルミニウムやマグネシウムなど軽金属材料の代替によく採用されますが、ときにはスチールなどの金属材料を置き換えるケースもあります。
アルミニウムと比較して約40%、マグネシウムと比較して約30%比重が小さいので、部品の軽量化に大きく貢献します。

 

 

複雑形状の射出成形

カイロンマックスサンプル長繊維を用いるCFRPの場合、コストが高かったり、形状に制限があったり、という課題があります。
その点、Kyron MAXTMは熱可塑性樹脂をベースとしていますので、一般的な射出成形機での射出成形が可能です。
複雑形状の部品も成形することが可能で、量産化によるコストダウンも期待できます。

 

 

KyronMAXの動画

超高強度 炭素繊維強化プラスチック・KyronMAXTM(カイロンマックス)の試験動画です

 

KyronMAXTMの用途例

スポーツ用品(自転車部品、ゴルフクラブ部品など)
ドローン部品、
自動車部品、
家電部品、
産業用ロボット部品、

【送付用】Kyron-MAX-日本語フライヤー-202103

詳しい物性をお知りになりたい方は、コンタクトフォームからお問い合わせいただくか、
あるいはイプロスから物性表をダウンロードください。